業界を技術でリードする高性能な外観検査外観検査アルゴリズム

外観検査とは

外観検査とは、検査対象物の傷、汚れ、異物など外観上の欠陥を検出することを指します。
検査の一例として、電子部品の形状違いや微細な曲がり、樹脂成形品の欠けや異物、パッケージのラベル違いなどが挙げられます。
FA(ファクトリーオートメーション)の現場において、外観検査は製品の品質を守るためになくてはならない存在です。

進む自動化の動き~見逃しを防止

外観検査はこれまで人による目視検査で行われてきましたが、数千、数万単位で製品をチェックするとなると、欠陥品を見逃すなどヒューマンエラーの原因にもなります。
ヴィスコの画像処理システムは、人間のように考える検査アルゴリズムをはじめとした豊富な検査ツールを全機種に搭載。斜めから対象物を撮像することで、目視に近い高精度な全面検査も可能です。
ぜひ、業界をリードする高性能な外観検査をご確認ください。

業界トップレベルの外観検査アルゴリズム

私たちは、お客様の要望にお応えする検査を実現させる自信があります。
60を超える種類豊富な検査ツールの中から、ここでは代表的な検査ツールをご紹介します。

汎用検査ツール
専用検査ツール

業界ごとの検査実例

豊富な検査項目実績を、業界ごとにまとめました。
業界特有の検査項目と生産現場のニーズに合ったヴィスコのコンサルティングをご覧いただけます。

  • 半導体業界
  • 電子部品業界
  • 日用品業界
  • 医薬品業界
  • プラスチック業界